BIOGRAPHY

JABBERLOOP_CD_0701

DAISUKE (Sax) /  YUKI (Bass) / MELTEN (Keyboard)  / MAKOTO (Trumpet)  / *Drumsはサポートメンバー

東京を拠点に活動するインストバンド。
オリジナリティ溢れる音楽性を持ち、海外、野外フェス、ジャズクラブなど幅広い範囲でのライブ活動を行っている。
印象的なメロディーを持つ楽曲が多く、多方面で評価される。(CMタイアップ、プロダンサーが使用、ダンスコンテストでの定番曲、テレビやラジオでの高い使用率、高校野球の応援曲、吹奏楽やエレクトーンでのカバー演奏など様々)
2004年京都にて結成。
2005年 メンバーが現在の体制となり、活動の拠点を東京に移す。
2006年 ストリートライブやクラブイベントを中心に勢力的にライブ活動を行う。
2007年 1stアルバム『and infinite jazz…』をコロムビアよりリリース。同時期にロンドンで12インチアナログ『UGETSU』のリリースし、ジャイルス・ピーターソンがイギリスのBBCラジオでプレイするなど海外で大きな話題を呼ぶ。
2008年 リミックスワークやプロデュースワークなど、他アーティストとのコラボレーションを勢力的に開始し、初のワークスアルバム『infinite works』をリリース。
2009年 2ndアルバム『CHECK THIS OUT!!』をリリース(収録曲『シロクマ』がiTunesのジャズチャートの1位を長期に渡って獲得し、今なお上位を守り続け現在はバンドにとっての代表曲となっている)。ミニアルバム『OOPARTS』をリリース。アルバム『REVENGE OF THE SPACE MONSTER』を全米でリリース。初のライブアルバム『LIVE at MOTION BLUE YOKOHAMA』をリリース。
2010年 3rdアルバム『攻め燃える』をリリース(収録曲『Round-Mirror Moon』がiTunesのジャズチャートの1位を長期に渡って獲得)。同作は、iTunesStoreのRe:WIND(年間最優秀アルバム)の国内ジャズ部門を獲得する。台湾のラッパーSOFT LIPAとの共作アルバム『経典!』をリリース(収録曲『dental driller』が人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン2011』に使用される)。
2011年 アルバム『経典!』で台湾最大の音楽賞”第22届金曲奨”(台湾政府が主宰し、台湾版グラミー賞と呼ばれている)にて年間ベストアルバムにノミネートされる。スクエア・エニックスの人気コンピ『More SQ』に参加。台湾でアルバム『台湾特選集』をリリース。
2012年 自身の主宰するレーベルINFINITE RECORDSが始動。同レーベルよりデビュー5周年記念盤となる4thアルバム『5』をリリース。
2013年 初のライブDVD『555 JABBERLOOP THE 5TH ANNIVERSARY DVD』とソノダバンドとの2マンの様子を収めた『SUMMERに向けてまっしぐら ツアー LIVE DVD』2タイトルを連続リリース。初のジャズクラブのみのライブツアー『JAZZ目線』を開催し好評を博す。

2014年1月1日 6枚目のフルアルバム『魂』をリリース。12月12日台湾盤『魂』をリリース。それに伴い台北Legacy 台中Legacyでワンマンツアーを行う。

2015年4月Vo featuring album『feat.』をリリース
同年8月、バンドの東京進出10周年を記念し、自らの企画・ブッキング・プロモーションにて、滋賀県・琵琶湖にて、
『MOTHER LAKE JAZZ FESTIVAL 2015』を開催、大成功を収める。

2016年3月、東京・原宿クエストホールにて『マザレフェス2016』を開催。

4月29日『マザレフェス宮崎』を開催。

6月、音楽を担当(作曲&演奏)した劇場公開映画「マザーレイク」(出演:別所哲也・鶴田真由、監督:瀬木直貴)が公開される。

7月30日には第2回となる、『MOTHER LAKE JAZZ FESTIVAL 2016』を開催、大好評を博す。

8月11日『サルタフェスタ×マザレフェス in 高千穂』を開催

10月1、2日『マザレフェスin 八丈島』を開催 。

 

JABBERLOOP, the energetic and charismaticJapanese club jazz band, was born in 2004 in Kyoto, Japan.
The band is composed of five members playing the Saxophone, Trumpet, Keyboard, Bassguitar, and Drums.They mainly performed at an average of over 200 street lives a year and sold ten thousands of their independentproduction CDs.
One of their music CDs, “UGETSU”, crossed the ocean and caught Mr.Nik Weston’s attention who is the record label owner ofMukatsuku Records. UGETSU was released in London as 12inch EP in May 2007.
After being introduced in BBC Radio “WORLDWIDE” by Mr. Gilles Peterson, they made their way into the media world both at home and in abroad.
After all these success, they finally made a major debut with their 1st album from “Columbia Music Entertainment Japan” in July 2007.
In their debut year, they were awarded a “Japanese club jazz ABLID AWARDS 2007, and recorded first place in Jazz hit chart of Tower Records Japan.
In July 2008, they released another CD called ”Infinite Works”. The CD included the music they had worked onfor 1 year after their debut.The CD is a collage of musicdedicated to other famous artists, remixed music, and theirown popular music recorded from their live performances.
In March 2009, their second original full album “CHECK THIS OUT!!” was released. They earned the top place in Jazz chart of iTunesStore Japan.
In August 2009, they released their Mini Album “ooparts”, and again earned the first place in Jazz chart of Tower Records Japan.
In November 2009, their first greatest hits album “REVENGE OF THE SPACE MONSTER” was released in the U.S.A. They also released their first live album,“Live at Motion Blue Yokohama” in Japan.
In December 2009, their first overseas live was performed in Taiwan.
In October 2010, their third original full album “SEMEMOERU(攻め燃える)” was released and chosen as the best jazz album of the year at iTunesStore Japan.
In November 2010, their music “dental driller” was incorporated in the famous TV game of “Winning Eleven 2011″.
In December 2010, they released “KEITEN(経典)” which was a collaboration with a popular hip hop artist in Taiwan known as ”SOFT LIPA”.
They released deliver E.P. of ”Dear Santa” fromiTunesSotre. They also performed it as a 2011count down live in Taiwan.
In March 2011, they played in the theme song of the famous Japanese TV game “Final Fantasy” in the compilation album “More SQ” from Square Enix.